日々好日

ラグビーワールドカップ2015で日本代表の偉業度とは?

更新日:




正直に言うと、ラグビーワールドカップについては、昨日まで全く興味がなかった。だけど、ニュースや録画放送で終了間際の逆転シーンを見ると、ルールさえ知らない僕でも思わず感動してしまった。

でも、ニュースで「大金星」とか「事件」みたいな表現を目にすると、ラグビーの事情を全く知らなかった僕は『いくら何でも、日本代表に失礼なのでは?』と思ったのでその偉業というか、事件について考えてみた。

まず、英ブックメーカーの優勝国を当てるオッズを確認してみた。

オッズは、9月20日(日)22:30時点のライブオッズです。

実は、試合前のオッズは、南アフリカ 8.0倍、日本1001.0倍でした。

英ブックメーカーというのは、優勝や最下位、各試合の勝敗・点差、どの選手がトライを決めるか?など、実に細かく分かれているが、この「日本 vs 南アフリカ」の勝敗オッズは、34 : 1 でした。

しかも、最下位を予想するオッズは、大会開始直前の時点で、アメリカ1.61倍、日本2.20倍で、日本は最下位になる予測は2位でした。

優勝国の予測では、まったくの「大穴中の大穴」であったことは間違いない。

ラグビーの歴史上最大の衝撃。単なるスポーツの枠を越えて波紋を生じたことは間違いない(英メディア:ガーディアン)

史上最大の番狂わせ(英メディア:デイリー・テレグラフ)

(フィクションでも)こんな話しは書けない(ハリー・ポッター作者:J.K.ローリング)

南アフリカの国民に謝罪しなければならない(南アフリカ代表監督)

これらのコメントの意味がようやく分かった気がしました。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-日々好日
-

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.