人生の成功=仕事の成功(稼げたら上手くいく)

読+書+遊=学

Story of U5

〔Vol.1〕当家はじめての「男子」として生まれ育つ

更新日:




僕の誕生は、日本を揺るがすことはなかったが、父方の実家では一大事であった。

もともと女系で、一番上の叔父から僕の父までの間に7人の叔母がいるが、不運にも叔父のところに男子が生まれず、そして、叔母たちにも生まれない。祖母からすると、内孫も外孫も女子ばっかりだった。

そんなところに、生まれたのが僕である。

父は中学を卒業後、大阪の問屋に丁稚奉公という形で就職していたため、祖母は長崎の岬の先っぽから、大慌てで大阪に出てきたそうです。しかも、数人の叔母や従姉妹をしたがえて・・・。

そして、もちろん「僕の世話」について、仕切るのは父方の祖母でした。

まず、母を含めた女衆の、日中・夜間の当番が決められ、僕は24時間の監視下に置かれる。

僕が何か泣いたり、声を出したりすれば、即座に誰かが気にかけてくれる。

そんな環境で僕は育ったそうです。

だから僕は、今でも叔母や従姉妹に「重かった」とか「よく泣いた」など言われます。

うちの母はよく言います。

「あなたが男として生まれてくれたから、私は嫁として大切にしてもらえた」と。

それほど、田舎の封建的な家系では「直系男子」の存在が重要だったんですね。

これから、少しずつお話しして行きますが、そういう、今の時代からするとちょっと変わった環境で育ったことが、僕という個性(たいした個性ではありませんが・・・笑)を育んだんだと思います。

【僕は決して、僕一人で育った訳ではない】

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-Story of U5

Copyright© 読+書+遊=学 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.