日々好日

結果を責めはしないが、結果を受け止めるのは必須!〔部下のメモ 21〕

更新日:




レスポンスを計測

ダイレクトメールにしろ
広告にしろ、結果を計測する
仕組みを持たせよう。

マーケティングは投資
どれだけお金がかかったのか?
それに見合う効果があったのか?
結果を気にしないのなら
やらないのと同じ

とりあえず やるっ!ことを重視して来た。

だけど闇雲にやって来たワケじゃない。

結果をどうこう責めるつもりはない。
結果責任は僕が負う。

でも結果を素直に、真摯に受け入れ
次の行動に活かして欲しい。

どんな行動も、
その結果に、何を期待するか?
ハッキリ決めて取り組む。

最初から結果を検証する前提でやるっ!

ことわざに
「下手の考え休むに似たり」
ってあるけど、

下手の考えっていうのは
結果を検証しない行動のこと。

 

部下のメモ について

※注)この「部下のメモ」は、1992年(20歳)〜1996年(24歳)頃に、従業員に向けて朝礼などで言っていたことを、当時の従業員がメモとして残していたものです。現在の時勢に合わないこともあると思います。ご了承ください。

( 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 )
( 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 )
( 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 )
( 19 | 20 | 2122  )

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-日々好日
-, , , , , , ,

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.