遊ぶ

有田焼のテープカッター〔実は文具マニア〕

投稿日:




オフィスに新しい文具がやってきた。

有田焼 文翔窯(ぶんしょうがま)のテープカッターだ。
( http://www.arita.jp/shop/arita-bunsyou.html

デスクの上にあるだけで、この存在感。

1616年に日本で初めて誕生した磁器・有田焼は、その誕生から400年を超えた。

僕は4歳〜5歳のころ、佐賀県の伊万里に住んでいたこともあり、伊万里焼も好きだが、父の影響だろうか?やっぱり有田焼に惹かれる。

そして有田焼が西洋で評価され、影響を与え、あのマイセンが出来上がったそうです。

透き通るような白磁の美しさの上に、繊細で華やかな絵付けが有田焼の特徴かな。

その中でもこのテープカッターを作っている文翔窯の職人さんたちは「焼きものに触れるカタチを新しく」をテーマに、身近なステーショナリーと有田焼を融合させ多そうです。

しばし、仕事の手を止め、この美しいテープカッターを眺めていたいと思います。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-遊ぶ
-, , ,

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.