日々好日

成功の定義について

更新日:




僕はわりと幼い頃から、成功したい!という欲求が強い方でした。

中学3年生(14歳)のときに抱いた「年収1億円」は、10年後に達成しましたが、実はそんなに嬉しい感情や、やり切った感は湧き上がらなかった。もちろん、成功した!という実感はなかった。

僕自身、ちょうどその頃から「成功の定義」について、色々と思い巡らせるようになった。

そして何人かの偉人や有名な経営者・事業家の中から、あのリチャード・ブランソン氏の定義が自分にしっくり来た。

【仕事に打ち込むこと】

これがリチャード・ブランソン氏の成功の定義だそうです。

あ、皆さんはご存知かと思いますが、リチャード・ブランソン氏は、あのヴァージンレコードの創業者で、その後、メガストアを加えた音楽産業、航空産業、携帯電話産業、飲料水産業、鉄道など、ヴァージングループを多角化された方です。

【正しく仕事に没頭する】

僕自身、わりと若くしてそれなりの結果を出しましたが、結果そのものからは、何も実感できませんでした。

しかし、思い返すと、どんなに厳しく、どんなに苦しいことだったとしても、結果を出すまで、歯を食いしばって夢中で仕事していた想い出は、すべてが誇らしく、楽しいんです。

今、ある程度、高価で美味しいものを食べている瞬間よりも、資金を貯めるために、近所のパン屋さんでもらって食べていたパンの耳の想い出の方が、はるかに楽しいんです。

もちろん、結果(収入や資産)に繋がったからこそ、楽しかったと思えるのだと思いますが、仕事に没頭していることこそが、僕にとって成功なんだなぁ〜って感じます。

昨今、多くの人は、

  • 仕事
  • 友達
  • 家族
  • 結婚(恋愛)
  • 趣味

などを、トータルにバランスよく考えることを大切にしているようですが、ホントにそんなに都合よく行くのでしょうか?

僕のような、偏った考え方は、やっぱりもう古風な考え方なのかな?

あ、僕自身は、これっぽっちも後悔なんてないんですよ。幸せです。

ただ、成功したか?と、尋ねられたら「まだまだですね」としか答えられませんね。

もっとよく、よりよく、貪欲に、もっと仕事に没頭します。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-日々好日
-, , ,

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.