日々好日

基本動作の大切さを痛感

更新日:




歳をとったせいか?仕事柄なのか?やたらと「接客」が気になります。

最近気になった接客をメモしておこうと思う。

残念なスターバックスのお兄さん

ある駅構内のスターバックス。

新幹線に乗る前に、カフェミストをオーダーしたところ、レジを担当する女の子の後ろから、トレイに試食のケーキを乗せたお兄さんが「抹茶はお好きですか?」と、抹茶のケーキの試食をすすめてきた。

オーダーは終わっている。

僕の接客をした女の子は、すでにカップを用意している。あとはカフェミストを作るだけだが、お兄さんは試食をすすめるのに必死。

ちょっとイライラしながら、ようやく商品が提供された。僕はカップを片手に改札へ歩き出したが、なんとカップの蓋がちゃんとハマってなく、中身が溢れてこぼれた。

イライラした僕は、そのまま一口も飲まずに、ゴミ箱に捨てた。もう二度とこのスターバックスは利用しないな。

新商品をオススメするのはいい。

しかし、それはスムーズなオペレーションの流れの中で、スマートに行わなきゃいけない。

新商品をオススメしたいばかりに気を取られ、提供は遅れ、さらに作業は雑。

そんな流れで、勧められた新商品の印象なんて、かえって悪くなる。

高級ホテルの鮨屋さん

お昼にちょっとだけ鮨がつまみたくて、フラッと立ち寄り、カウンターを希望。

すると、僕を見た目で判断したんだろう、一番奥の席まで、追いやる。

本当は板前の目の前の席がよかったし、店内はまあまあガラガラだった。

で、おまかせでオーダー。

一貫ずつ、数歩歩いては提供されるし、僕の様子なんか気にできないので、提供するペースと食べるペースが噛み合わず、イライラする。

隅っこの席なので、ガラスケースも見えず「これ握って」っとオーダーすることもできない。

お会計の時に、部屋づけでお願いして、部屋番号を聞いて時に店の人の顔色が変わるのがわかった。

僕がインペリアルスイートの宿泊客に見えなかったので、カウンターの隅っこに通したってことですね・・・笑

 

いずれのケースも、目の前の自分のことに必死で、お客様である僕に意識が向いてないんだなぁ〜

基本動作の大切さは、目の前の作業を無意識にできるようになって、その分の意識をお客様に向けるためにある。

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-日々好日
-,

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.