営業という仕事

昔、名刺をつくった時の話し

投稿日:




もう26年も前の話しですね。

コネなし、特に能力なしで、多少の資本金を持って、勢いだけで会社を興した時に、最初の課題が「名刺」を作ることでした。

必死で一晩考えたんです。

どうやって名刺を作ったら、仕事の獲得(ようするに営業)に繋がるか?を死ぬほど考えたんです。

で、僕は、次の日、電話帳を広げて東京都内の印刷会社、約400社に電話をしました。

「名刺1000枚、デザイン料など込み30万で作って欲しいんですけど、一度来社頂けますか?」と。

約1週間で、100軒の印刷会社のご担当者に来社頂き、その100軒に自社についてプレゼンをさせて頂きました。

その結果、社長が自らお越し下さった小さな印刷会社に名刺はお願いしましたが、僕はまんまと100枚の印刷会社の名刺を手に入れることができました。

それから1年以内に、小さな仕事ですが、2軒の印刷会社さんから仕事を受注することができました。

ただただ、必死だったんですね。

ちょっと行儀が悪かったかもしれません。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-営業という仕事
-, ,

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.