遊ぶ

モノポリーで学ぶ、お金持ちの法則

更新日:




ビジネスはゲーム。
遊び方を知っていたら
世界最高のゲームである。

トーマス・J・ワトソン(IBM創立者)

 

中学生の頃に遊んでいたモノポリーを再開するキッカケになったのが、2004年に発行されたこの本だった。中学生の頃は、人生ゲームなどと同じで、単なる双六として楽しんでいたモノポリーでしたが、この本を書店で見つけたときに、懐かしくて手に取り、読んでみたのがはじまりでした。

結局、東海モノポリークラブ を見つけて、例会に参加するようになったのはそれから数年後でしたが、この頃から「モノポリー的」な考え方をするようになったのは確かだ。

唐突ですが、この本の序文の一文を紹介します。

モノポリーという巧妙でやみつきになる血も涙もないゲーム(なのに不思議と楽しい)を使って、お金持ちになるための技術や、実際のビジネスで勝つ方法について考え、探求する

まさに、私の「モノポリー的」な考え方の原点になった本です。

モノポリーで学ぶ、お金持ちの法則 目次

  1. 目的は「資産の購入・レンタル・売却を通じて、もっともお金持ちになること」である
  2. スタート時はみな平等。その先の運命は「自分次第」なのだ!
  3. 運と偶然ではない。コントロールできる「チャンス」である
  4. 給料という「定期収入」だけでは、決してお金持ちにはなれない
  5. 土地の購入、それは「チャンスを買う」という行為でもある
  6. 「リスク」について、身をもって学ぼう
  7. 戦略的にお金を借りよう。借金はすぐに返すな!
  8. 油断は禁物。スキを見せた方が負け
  9. 予測不可能なことに対して、確率を計算し対策を練る
  10. お金持ちは、税金対策にも多くのエネルギーを注ぐ
  11. 「品薄戦略」で、市場をコントロールしよう
  12. 話し合おう。交渉しよう。取引しよう。
  13. 競売で「勝利」を適正価格で手に入れる
  14. 安全な道を歩いていると、必ず破産する
  15. 目的は勝つことではなく「他人を負けさせること」
  16. 心理戦を制する方法
  17. 手段を選ばずに、ただ勝ちさえすればいいというわけではない
  18. いい人をやめて競争する。相手を競うこと
  19. ビジネスでも「モノポリー」でも、情けは人のためならず?
  20. 「運」は計画や知識によって自ら作り出せる
  21. 「富」を生んでくれる「賢い」資産
  22. 持っていても意味のない「間抜けな」資産
  23. 地味で目立たない「金のなる木」を確保しよう
  24. 執着心や虚栄心などの感情をコントロールする
  25. ゲームを制する3つの戦略・ゲーム開始時の戦略
  26. ゲーム中盤の戦略・現金を守れ!
  27. 終盤で勝利を収める
  28. ゴールではなく「ゲームオーバー」

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-遊ぶ
-, , ,

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.