ブログ

幸せは、探さず感じる

必ずしも福を干(もと)めず。
禍(か)無きを以て福と為(な)す。

【佐藤一斎 言志耋録154条】

(訳)
我々は必ずしも幸福を求めるのではなく
禍いなきことが幸福というものだ。
恥辱を受けぬのが名誉であり
若くして死なぬのが長生きであり
飢えずに生きられるのが富むことである。

人は他と比較して同等とかそれより勝ることを求める。
競争社会ではそれが特に顕著である。
そのことが人を苦しめ、心の平安を失うことになる。
自らの分限を知り、足るを知ることが
自らの人生を幸いに楽しく生きることであると
自覚すべきである。

(藍二斎 の 感じたこと)
まさしく、その通りだと思う。
が、やっぱり
人と比較してしまうし、
人を羨ましいと思うし、
もっと欲しいと欲する。

だから私(藍二斎)は、
・おかげさまで、比べることができる
・おかげさまで、羨むことができる
・おかげさまで、もっと!欲しがれる
と、感謝が大切であると考えます。

どうして「欲張れる」のか?
それは、こうして今、生かされているからである。

欲張れるってだけで、幸せである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP