日々好日

反対の賛成なのだ

投稿日:




故・赤塚不二夫氏の代表作「天才バカボン」のパパの名言

反対の賛成なのだ!

(※一節によると「バカボン」とは、サンスクリット語で「悟りを開いた人」という意味なのだそうです)

先日の「不易・流行」でも書いたが、不易と流行という反するモノは一対であると考えられます。

仏教では「色即是空(しきそくぜくう)」と言いますが、色はモノや現象が在る、つまり存在を意味します。即は、そのままという意味。是は、これ。空は存在しない、すなわち「無」を意味すると言われます。

すなわち色即是空とは「存在するということは、存在しないということ」となり、反対の空即是色は「存在しないということは、存在するということ」となります。

ようするに、有るということは対極に無いということがあってはじめて「有る」と言えるのだということだと思います。

もう一つ、似たような仏教の教えに「煩悩即菩薩」という教えがあります。
これも煩悩とは「人間の堕落した救いがたい思い」で、菩薩とは「清らかな悟り」であり、合わせて「醜い煩悩は清らかな悟りと同じだ」という意味です。

ダメな部分(心)を持っているからこそ、清らかな(正しい)心を理解することができるのです。

この記事を書いている頃(2015年7月1日)は、自民党の安倍政権が、いくつかの難しい法案の審議を行っていますが、その審議の最中に、対する野党の考えや意見、それを報じるメディアの考えに、安倍総理がイライラしています。

どうして苛立つのか?

それは、自分に反する考え方は「ダメ」だと思っているからです。

反対の賛成なのだ!

と、反対があるからこそ、賛成できるのだと、モノゴトの両側面を認めることさえできれば・・・・もしかしたら事態は好転するかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう







-日々好日

Copyright© 読+書+遊=学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.